日銀文学

日銀文学は非常に難解

日銀文学という言葉をご存知でしょうか?
日銀が景気判断の際に公にアナウンスをする文言の事を言うのですが、この意味が非常にわかりづらいのです。
そのために日銀文学と揶揄されているのでしょう。

 

参考までに文例を挙げると
「景気は緩やかに持ち直しつつある。」

 

プラスの意味合いを含んでいることはわかるのですが、どうもイマイチわかりづらいのです。
このようなどちらとも言えないような、そもそもこれでどう景気判断をすれば良いのか非常に難しいのです。
これで経済をどう判断すれば良いのでしょうか。せめて何かしらの根拠を示してもらい、もう少し視覚的に景気の動向を判断できると有難いと誰もが思うと思います。