LIBORについて

LIBORについて

LIBORというのはロンドンでの銀行間取引金利のことを言います。
2012年にはこのLIBORの不正操作問題が話題になったのでご存知の方も多いかと思います。
ちなみにこのLIBORの読み方は「ライボー」と言います。

 

このLIBORですが、イギリスの主要銀行が銀行間の借入金利をBBA(英国銀行協会)に
申し入れた数値からはじき出されます。

 

このLIBORは金融商品の指標として使用されます。
そのマーケットサイズは350兆ドルにも及びます。
この数値そのものが為替・先物等の価格にダイレクトに影響してきます。
ですので、この数値を不正に操作することが世界中に与えるインパクトが大きいのです。

 

不正操作の際には、バークレイズ銀行が自社のトレーダーに有利になるように虚偽の申告をしました。
そして、罰金の支払いが命じられました。この罰金の総額は300億円以上にものぼります。
また、この虚偽によって損失を被った投資家は多数いますから、今後は相当な金額の損害賠償を請求される可能性もあります。